幸せの糸が紡いだメロディ

嵐とNEWSに出会って世界が輝き出した

NEWSファンが嵐との出会いについて話してみた

9月15日の今日、デビュー15周年を迎えたNEWS

 

ほんとにおめでとう、ありがとう。

 

 

 

 

…って話はさっきさんざんしたので!

 

今回は9月15日にまつわるもう1つの記念日の話。嵐さんについて語りたいと思う。

 

 

 

 

 

私のジャニーズ人生のはじまりにして永遠である嵐。

 

実は嵐の結成日も今日、9月15日なのだ。

(16日っていう話はこの際無視ダヨ)

 

NEWSが産まれるちょうど4年前に産まれた嵐。バレーボールのイメージキャラクターを勤めたという点もNEWSと同じ。

 

そんな2つのグループを好きになったのは運命だったのかもしれない。

 

 

 

 

 

 

初めてちゃんと"嵐"を認識したのはいつだっただろう。

翔さんの「よい子の味方」をテレビにかじりつきながらみてた時?

相葉くんの志村動物園を毎週見ていた時?

松潤花男が流行った時?

 

正直覚えていない。

個々の仕事で名前の後ろに(嵐)と書いてあるのを見て「この人嵐の人なんだなー」と思ってた程度だ。

5人組とわかったのはおそらく「驚きの嵐」という昔日テレでやってた実験特番を見ていた時なんじゃないかと思う。

私は小さい時から「実験」と呼ばれるものが好きでその手の番組はたくさん見ていた。(ちなみに今理系単科大学に通っている)

「驚きの嵐」もその1つ。

ただ、ほんとに嵐が好きで見ていたわけじゃなくて、好きな番組をやっていたのが嵐だったというだけ。

まだ知っている程度。

 

 

私の母は小学生の私に自由にテレビを見せてはくれなかった。

見ていいのは、アニメ、クイズ(及び勉強になる)番組、動物番組、刑事ドラマ、母が気に入ったドラマだけだった。

 

嵐ファンって言ってからこの話するとめちゃくちゃ周りに驚かれるんですけどリアルタイムで花男みてません。

なんなら野ブタブザービートもコードブルーもイケパラもみてません。(未だにみたことない)

山田太郎ものがたりに至っては時代劇だと思ってた。

つまりまあ嵐が出てるドラマでリアルタイムで観てたのは2003年よい子の味方の次は2010年特上カバチまで飛びます。

…え、めっちゃ空いたな?

自分でびっくりした。いや、もはや「最後の約束」の方が先じゃん…。あ、なぜかマイボスマイヒーローはみてた。好きだった。

 

 

 

(ちなみにこの厳しい(?)母が今は私と同レベルのジャニオタなのって面白くない?なんなら私より入ってるファンクラブ数多いよ?)

 

 

 

やっと私が嵐を嵐として認識したのは2007年、小学校4年生の時だった。

通っていた小学校には4年生から6年生まで金管バンドという放課後に行うクラブ活動のようなものがあった。学年150人中20人参加してたかなレベルのものだったが、音楽と無縁な生活を送っていた私は何故かここに入る。何故入ったのかは覚えていない。ピアノは指1本で弾きドレミを全部楽譜にふるような私が音楽をはじめたのは未だに謎である。(こんなんで最終的には部長になるんだから何があるかなんてほんとわからない)

 

この金管バンドの最初の発表会は毎年夏休みに地元で開催されるパレードと決まっていた。

4月に入って楽器になれ、練習曲をなんとか吹けるようになった後の最初の大きな課題曲。

この年はそれがLove so sweetだった。

聞いたことある…くらいの曲だったが、レンタルショップでCDをかり、買ったばかりのウォークマン(人差し指サイズのやつ)にとりこみ必死になって聞いた。何度も聞いた。

この時は課題曲として聞くのに必死で好きとか嫌いとかそんななかったんじゃないかな?(余談だがこの年のパレードは雨で中止になった)

でも間違いなく私と嵐の出会いはあの夏のラブソーだった。

 

1年たち小学校5年生になった夏。ちょうど10年前にあたる2008年。

この年の課題曲はHappiness。

(時代劇だと思ってたドラマの主題歌だと知るのはもうちょっと後)

……うちのバンド嵐好きすぎだよね?毎年生徒で課題曲決めるんだけどさ。

同じようにめっちゃ聞きこんだ。この時は流石に前年よりも知ってる曲は増えていた(余談だがこの年のパレードは習い事の予定があって参加できなかった)

でもまだ、好きまではいかない。

 

 

 

好きまではいかない、というのは少し違うかもしれない。

小学生の時の私クラスに1人はいる「ちょっとそこのだんしぃ!」タイプの女の子だった。

いや、「ちょっとそこのだんしぃ!」に言葉づかいが荒く暴力で解決するタイプってのも追加で。

習い事の関係で男子と一緒にいることが多いからこそいじられたり喧嘩することも多かった。服装もメゾピアノよりアディダスって感じ。

あとはラブandベリーにハマる友人を尻目にゲームとサッカーボール持ってるような。(ここでラブandベリーが懐かしいと思ったら私と同世代です。)

みんなが好きっていうものを好きっていうことに抵抗もあった。つまりは女子女子してるのが大っ嫌いだった。

間違ってもテレビに出ているイケメンにカッコいいって叫んだり月に3グループも違うアイドルのコンサートに行くタイプではなかった。

 

クラスにもジャニーズ好きはたくさんいた。

嵐の名前と誕生日を机に書いてる人とかもたくさんいたな。

そういうのを「アイドル好きだなんて考えられない」って馬鹿にしてるタイプだった私は、嵐が好きになってることをなかなか認められなかった。認めたら自分のキャラが崩れるから。

だからハピネスを演奏した時点で嵐が好きだったかもしれないけど自覚はなかった。

 

本当に自覚したのはその1年後。

2009年、小6。嵐さん10周年の年。テレビをあまりみない私にもこの数年の嵐の人気は感じていた。みんなが学校で嵐の話をしてCDを持ってきている時代だった。

そんなある日、家に帰ると母が1枚のアルバムを私に差し出してきた。

f:id:snowforever7:20180915231753j:image

もうすっかりボロボロになったな。

出たばっかりのベスト盤。学校でさんざん横目でみてたCDが今目の前にある。

母がジャニーズのCDを買ったということがイマイチ理解できなくて聞いてみると「最近人気でしょ」と。そんな流行りに乗る人だったか?

 

とりあえず全部とりこんで聞いてみると意外と知ってる曲が多いことに驚いた。自分の知らないうちに嵐とたくさん出会っていた。

たくさんあるの曲の中で私にとって衝撃的だったのが5×10。

の、後についていたAttack it!

 

なんかしっとりした曲の後ろにすごいアップテンポの曲のついてる!???なにこれ???え、かっこいい!!!!!

特に気に入ってたのが

 

この静けさの中 セッティング

南 北から接近中

 

っていう松潤のところ。そこ??って思うかもしれないけど世間一般の道明寺イメージの松潤しか知らない私はここの歌い方がすごい気に入ったのだった。

 

 

まあそこからは嵐の曲の良さに落ちるのは早くて、レンタルショップで昔のCDあさったりテレビで番組録画したり嵐一色になっていき、中学を入学する頃にはちゃっかりFC会員になっていた。

まだひねくれキャラは残ってたから周りには「私が好きなのは嵐の顔じゃなくて曲!」「嵐は別にかっこいいとは思わない!」って言い続けてたけどね笑

中学で、好きなアーティストは嵐ですっていうたびにみんなから意外って言われてたし。

こんなんだから高3まで「all担」って言い張ってたなぁ。いや、言い張ってたというか本気でそう思ってた。担当の意味がイマイチ理解できてなくて1人に絞れなかった。

 

 

初めていったコンサートは「君と僕の見ている風景」リーダーの30歳のサプライズ会だった。

ここで母もとりこんで今でも2人で嵐ファンやってる。

ありがたいことにLOVEとジャポニズム以外は毎年コンサートに行けてるんだけど初めて見たコンサートの衝撃っていうのは未だに忘れられない。

 

 

好きと自覚してから6年くらい、私はずっと嵐だけを見ていた。みるテレビの基準も嵐が出てるか出ていないかだった。

 

 

そんな私の転機は2014年に松潤が主演していたドラマ「失恋ショコラティエ

ここで1人のイケメンに出会ってから私のジャニーズ人生は大きく変わるんだけどそれはまた別の話。

でもこのドラマも松潤が出てなかったら絶対見てなかった。どこで縁があるかなんてわからないよね。

 

 

自担と担当グループが新しくできたことによって嵐にさく時間は減ってしまったと思う。

でも他のグループを見れば見るほどお互いのグループの違いや良さを感じる。

 

日本一チケットがとれないと言われる嵐のコンサートはほんとうにエンターテイメントだ。毎年「最高」を超えてくる。

ジャニーズが口パクなのは当たり前なんだと思ってた。ええ、嵐は口パクです。

もちろん生で歌うこともあるし実はみんな歌上手いんだけど完全に口パクがなくなることはないと思う。

でも嵐はそれでいい。

歌を聞きにいってるだけじゃないしあのダンスと演出だけでいくらでもお金をだせる。というか嵐に会えるだけで1万円以上の価値がある。

6月のあの一件は両方が大好きだからこそ戸惑った。でもみんな一回嵐のコンサートおいで。口パクでも楽しいから!(後untitledはがんばってた!)

…まあ、おいでっていっても当たらないのが嵐だけど…

 

 

 

他にも誰一人抜けないでグループを続けることが当たり前じゃないって気がついた。

仲良しグループって言われるのがすごいことだって気がついた。

CDを売ることが大変だと気がついた。

 

 

 

ほんとに嵐はすごい。

 

 

 

もう大好きとかいう感情じゃ表せないないくらい大好きなんだ。

あんなに普段ツイッターでNEWSの話をしてNEWSのブログをあげまくってるやつだけど、何年たっても私の中で嵐という存在は揺らがない。もちろん好きなアーティストを聞かれたら「嵐とNEWS」と答えるのが私の決まり文句だが、ジャニーズウェブのフェイバリットアーティストはずっと嵐のままである。

永遠に嵐は私の1番なんだ。

 

 

 

ずっと5人でいてくれてありがとう。

いつも最高を届けてくれてありがとう。

嵐を好きになったおかげで今の私がある。

 

 

 

奇しくも今年のツアータイトルは5×20

私が初めて嵐のCDを手にしてから10年もたつんだね。

 

 

絶対いくから。

楽しみにしてるから。

 

 

 

 

 

19周年ほんとうにおめでとう。

ずっとずっと、大好き。

 

f:id:snowforever7:20180916000033j:image

 

20年目も走り続けていこう!!!!!